驚異の3500万円調達!昆虫ベンチャーBugMoとは?

昆虫食♪昆虫食♪

まだ日本ではそこまでの流行りは起こっていませんが、スーパーや大手コンビニなどで昆虫食を見かける機会は増えていますよね!

今回はそんな昆虫食を扱うコオロギ昆虫食ベンチャーのBugMo(バグモ)を紹介します。

<目次>

  • BugMoとは?
  • 資金調達
  • 商品
  • 売上
  • 提携
  • 特許
  • イベント

BugMoとは

BugMoは2018年設立の昆虫食ベンチャーです。コオロギを使った昆虫食の開発、販売だけでなく、コオロギの自動飼育システムの開発も行なっています。原料のコオロギは仕入れていますが、自社での生産を準備している模様です。

昆虫系ベンチャーでは驚異の3,500万円の調達(FUNDINO)に成功しており、現在注目されている昆虫食ベンチャーです。

資金調達

前述のFUNDINO(株式投資型クラウドファンディング)での3,500万円の調達の他に、campfireにて30万円を調達しています。

商品

BugMoはcampfireにて「こおろぎだし」を先行販売しています(既に募集終了)。

BugMoはそのコンセプトを「生きるためのおいしさ」とし、人類史における食の原点と言われる昆虫であるコオロギを通じて、人と自然との根源的な繋がりに思いを馳せてほしいとしています。

BugMoではその他の商品も開発中と見られます。

売上

現在。BugMoの売り上げは公表されていません

提携

商品開発コラボで、株式会社MNH成光精密株式会社(Garage Minato)と提携しています。

特許

BugMoは現在特許を取得していませんが、今後自動飼育システムの開発が進めば、特許取得に進むといえます。

まとめ

驚異の3500万円調達!昆虫食ベンチャーBugMo、いかがでしたでしょうか。コオロギだしは味も風味も気になりますよね!

今後自動飼育システムの開発が進んでいけば、よりお手頃に昆虫食を楽しめる時代が来るかもしれません。

今後もBugMoから目が離せませんね!!

昆虫系スタートアップについてはこちら

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。