提携先のピルツ株式会社(秋田県横手市)が農業共済新聞に取り上げられました。

NOSAI

飼育ノウハウや技術提供をさせていただいている、業務提携先のPilz株式会社(ピルツ・秋田県横手市)の記事が、農業共済新聞に大きく掲載されました。

横手市平鹿町のピルツでは、県内トップクラスのシイタケ菌床の製造と菌床シイタケの栽培を手掛けています。2020年春から弊社と提携し、使用済みの菌床を再利用して、カブトムシなどの昆虫養殖を開始し、持続可能な経営が注目されています。

ピルツでは使い終わった菌床を加工したマットを業務提携している弊社に供給しており、弊社では昆虫の養殖方法を中心にサポートしています。すでに使用済み菌床150万個を再利用しています。

また、昆虫が出したふんの利用についても、ほぼ無臭のペレット状で栄養豊富なため、肥料として使用できるか模索しています。

畠山代表は「使用済みの菌床を再利用することで、持続可能な経営となる。環境に配慮したシイタケというイメージでよそとの違いをアピールしたい。」と語っています。

以下、農業共済新聞の記事になります。

http://www.nosaiakita.or.jp/~akita/shinbun/shinbun-3837/

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。