実はカイコの糞はみんな食べてる?シルクフードのエリーを紹介!

皆さんはカイコの糞を食べたことがありますか?

実はカイコの糞は蚕沙と呼ばれ古くから漢方として活用されてるんです。現在は抹茶アイスガムなどの着色料として広く使われているため、多くの人がもう既に食べたことがあるんです!!

今回はそんな身近なカイコ(本体)を使った昆虫食ベンチャー! シルクフードのEllie(エリー)を紹介します!

<目次>

  • エリーとは
  • 資金調達
  • 商品
  • 売上
  • 提携
  • 研究
  • イベント

エリーとは

エリーは2017年7月設立の昆虫食ベンチャーです。カイコを使った昆虫食の開発・販売をしています。

カイコという生き物は、5,000年も続いていると言われる絹産業において品種飼料を重ねた結果、羽があるのに飛べないなど野生への回帰能力のない生き物として知られています。

絹を採取した後のカイコは捨てられてしまうこともあり、エリーではそんなカイコを有効活用して、カイコチップスやスムージーなどの昆虫食を開発しています。

エリーではカイコを使った昆虫食を「シルクフード」として販売しています。

資金調達

エリーはibis partners、三井住友海上キャピタル、京葉瓦斯から合計4,500万円の資金調達をしています。他にもクラウドファンディング(campfire)にて100万円の調達に成功しています。

商品

SILK FOOD shop」という自社ECサイトにて商品を販売しており、カイコを使ったチップスや、カイコプロテインスムージーを販売しています。

SILKFOOD チップス

SILKFOOD かいこプロテインスムージー

売上

現在、エリーの売上は公表されていません

提携

エリーの提携先には

  • 伊藤忠商事株式会社(アクセラレータプログラム)
  • 稲畑産業株式会社(同上)
  • キリン株式会社(同上)
  • 大正製薬株式会社(同上)
  • 東大IPC(起業支援プログラム)

などがあります。

エリーはビジコンやアクセラレータプログラムでの受賞歴が非常に多く、多くのコンテストで優勝しています。そのためこの中には、プログラムの賞品としての商品開発提携なども含まれています。

研究

京都大学大学院東京大学大学院と研究を行なっており、主に昆虫、食品、農学の分野で研究を行なっています。

イベント

2020年1月には表参道に期間限定で、カイコを使った次世代食品の販売店「シルクフードラボ」をオープン。

シルクバーガー <1,100円> 、シルクスナック(揚げパスタ)<600円> 、シルクスープ(ミネストローネ)<650円> 、シルクシフォンケーキ <500円>を発売し、カイコを使った昆虫食「シルクフード」の魅力を発信しています。

シルクバーガー

まとめ

シルクフードのエリー、いかがでしたでしょうか。カイコを使ったチップスやスムージーだけではなく、ハンバーガーまで発売しているとは驚きですよね!

人類が服を着続ける限り(笑)カイコとは切っても切れない関係なので、エリー今後の更なる成長にも期待したいですね!

昆虫系スタートアップについてはこちら

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。